8008号から見る交叉する8004号野又号(2010年11月27日)
8008号から見る交叉する8004号野又号(2010年11月27日)

函館市電2010〜13(3)

 内容は次のページからなります。



市電の車内

8008号から見る今は無い塗装723号サンクス号(2010年11月27日)
8008号から見る今は無い塗装723号サンクス号(2010年11月27日)

 運転席近くから外を見るのも楽しいです。

719号運転席背後のAED(2013年3月31日)
719号運転席背後のAED(2013年3月31日)

 2013年3月31日鳥見の帰りに乗った市電は719号車で、目玉の描いてある青い人権号です。市電のページのために色々観察しているのですが、運転席側に壁にAEDが付いているのを初めて知りました。
 日々進歩と言ったら誉め過ぎでしょうか。

運賃表示

整理券発行旗(2013年3月31日)
乗車整理券発行機(2013年3月31日)

 中乗り前降りです。停留所に乗り場の表示があります。
 乗ったらすぐに乗車整理券を取ります。乗車料金は乗車距離に応じた「対キロ区間制」(200円から250円の4段階)です。
 函館市企業局交通部の乗車料金のページ

新鋭の8009号運賃表示器(2012年4月23日)
新鋭の8009号運賃表示器(2012年4月23日)

 新しい市電では車内の案内に液晶ディスプレイを使っています。
 行先、現在位置などと共に整理番号別の運賃も表示されます。

最新鋭の8010号運賃表示器(2013年2月17日)
最新鋭の8010号運賃表示器(2013年2月17日)

 液晶ディスプレーには写真などを使った種々の案内が出来ます。
 今表示しているのは下のポスター同様に 全国鉄道むすめ巡り 2nd の物で、ちなみに函館市電の女性運転手さんは松風かれんと言う名前です。

9601号らっくる号の行先表示(2012年3月2日)
9601号らっくる号の行先表示(2012年3月2日)

 超低床車らっくる号9601号の車内の行先表示も日本語の他に英語と中国語2書体(簡体字と繁体字)とハングルが表示されます。
 4ヵ国語5書体とかなり国際的ですね。

719号の運賃表示器(2013年4月14日)
719号の運賃表示器(2013年4月14日)

 古い型の719号人権号の運賃表示器も2013年4月撮影時には文字部は電飾になっています。
 少しずつ進化していますね。

料金箱

 箱館ハイカラ號には料金箱は無くて、プリペイドカードは使えません。
 車掌さんに現金で支払います。一日乗車券などは大丈夫です。

724号の料金箱(2013年1月10日)
724号の料金箱(2013年1月10日)

 710形と言う古い型の724号の料金箱(運賃箱)で、函館市電では一般的な形です。
 乗車料金はプリペイドカードか硬貨しか使えないので両替機にもなっています。

新しい8010号の料金箱(2013年2月17日)
新しい8010号の料金箱(2013年2月17日)

 最新鋭の8010号の料金箱です。
 プリペイドカードの挿入部が手前になり、料金がカウントされます。。

イカすカード(2012年2月23日)
イカすカード(2012年2月23日

 「イカの街・函館」(北海道の旅・函館と道南にあります)なので、プリペイドカードは「イカすカード」と言います。
 これは3,000円券ですが料金は色々あって、また函館バスと共通になっています。

座席シート

812号車内(2012年12月22日)
812号車内(2012年12月22日)

 812号車は無広告の車両でドラマや映画によく登場します。2012年12月にはNHK-BSPの「神様の赤ん坊」と言うドラマで主人公が運転していました。
 710形や800形は床は木製です。シートの背の色の薄い部分は優先席です。

新鋭の8009号の車内(2012年4月23日)
新鋭の8009号の車内(2012年4月23日)

 新鋭の8009号の車内です。
 優先席は背後のガラスに案内シールが貼られています。

らっくる号の連結部の床(2011年3月30日)
らっくる号の連結部の床(2011年3月30日)

 超低床車らっくる号は現在2台運転されています。
 2両の連結車両ですが、その連結部は写真のようにバリアフリーの構造です。シートも従来の車体とずいぶん感じが違います。

ご利用下さい

らっくる号の車内から(2011年3月30日)
らっくる号の車内から(2011年3月30日)

 らっくる号の運転席越しに前を見ています。
 雪の少し残った前方の山は函館山です。谷地頭に向かっています。
 函館で時間がございましたら、市電を是非ご利用下さい。ゆったりと時間が流れます。

[作成:2013年4月28日]

戻る ホームへ 次へ