市電の光景2-2

湯の川の2001・ハセガワストアのやきとり弁当号(2007年3月17日)
湯の川の2001・ハセガワストアのやきとり弁当号(2007年3月17日)

2000型

 2000型は1993(平成5)年〜1994(平成6)年に2両作られました。
 上の写真は3月17日に撮った、湯の川温泉走行中の2001・ハセガワストア・やきとり弁当号です。白と赤の爽やかな車体です。

湯の川で、左が2002・ドコモ号(07/3/17)
湯の川で、左が2002・ドコモ号(07/3/17)

 同じところで撮った、市電の左側が2002号のドコモ号です。
 右は前頁に登場したべいこく号ですね。
 知っている人なら背景でどこか判ると思います。

3000型

湯の川の3001・野村・NOMURA号(08/1/20)
湯の川の3001・野村証券・NOMURA号(08/1/20)

 3000型は外見が2000型と同じですが冷房装置がついていて、1993(平成5)年〜1996(平成8)年に4両製作されました。
 3001号は以前はJR北海道の宣伝車両でした。雪の中のNOMURA号は赤い色がよく目立ちます。
 足湯がこの右前方向にあります。

湯の川の3002・布目号(08/1/20)
湯の川の3002・布目号(08/1/20)

 同じところに3002号が来ました。いか塩辛などを作っている布目(ぬのめ)の布目号です。
 社長のいか塩辛はテレビCMもあったと思います。

宝来町の3002・布目号(07/4/2) 宝来町の3002・布目号(07/4/2)
 こちらは2007年4月2日に宝来町で撮りました。
 背景に函館山を入れましたが、電車の構図は同じですね。

市民会館前の3004・JRAのターフィー号(07/11/21)
市民会館前の3004・JRAのターフィー号(07/11/21)

 3004号はJRA日本中央競馬会のターフィー号です。ターフィーとは車体に顔の描かれたマスコットの名前だそうです。
 2007年11月21日に撮りました。雨上がり地面が濡れています。

8000型

市民会館前の8001・カール・レイモン号(06/10/4)
市民会館前の8001・カール・レイモン号(06/10/4)

 8000型は1990(平成2)年〜1997(平成9)年に800型の台車を流用して8両が改造されました。函館市電一の多数派になります。
 写真は市民会館前の8001号、カール・レイモン号です。
 函館の有名なハムやソーセージのメーカーです。

十字街の8002・シゴトガイド号(07/10/23)
十字街の8002・シゴトガイド号(07/10/23)

 十字街の光景を入れたら風景写真のようになったしまいました。
 函館シゴトガイドは株式会社 北海道アルバイト情報社によって運営されています。
 明るいブルーの車体です。

五稜郭の8003・はこしん号(07/4/7)
五稜郭の8003・はこしん号(07/4/7)

 函館信用金庫のはこしん号です。8003号は以前は AIR・DO の宣伝車両でした。
 白と緑の鮮やかな車体は目立ちます。

湯の川温泉電停の8003・はこしん号(07/12/1)
湯の川温泉電停の8003・はこしん号(07/12/1)

 湯の川温泉の電停に停車中のはこしん号です。
 こちらは冬12月1日の撮影です。

市民会館前の8005・美鈴号(06/10/4) 市民会館前の8005・美鈴号(06/10/4)
 市民会館前電停の8005号、美鈴号です。
 日本で初めて珈琲が飲まれたと言われる街のひとつ函館で、美鈴コーヒーは1932(昭和7)年に誕生しました。

五稜郭交差点の8005・美鈴号(07/4/7) 五稜郭交差点の8005・美鈴号(07/4/7)
 五稜郭交差点の8005号、美鈴号です。
 少しクラシックなデザインが函館に合うような気がします。

 函館市電の新しい写真がたまったら、2-3を作ります。
[作成:2008年2月5日]

戻る ホームへ