新十津川駅正面(2009年9月23日)
新十津川駅正面(2009年9月23日)

北海道の頭端駅4

 行き止まりで、そこより先の無い駅のことを頭端駅と言います。文字通りの終点の駅で、とても旅情をかき立てられます。
 JR北海道には頭端駅が10駅あります。写真はすべて揃いましたので、順次発表します。

 なお、本シリーズ作成には、2008年春まで私が産業医をしていた応用地質(株)札幌支店の増田博昭さんのご協力を頂いています。



新十津川駅

新十津川駅舎ホーム側
新十津川駅舎ホーム側

 新十津川町は滝川市と石狩川を挟ん日本海側の町です。
 札沼線(さっしょうせん)は、札幌駅の隣の桑園駅から新十津川駅までの非電化路線です。かって留萌本線の石狩沼田駅までを結んでいたので札沼線と言いますが、途中に北海道教育大学札幌校や北海道医療大学など学校が多いので、学園都市線という愛称が付けられました。

これより先はありません これより先はありません
 ホームにあった駅名表示板です。
 これより先はありません。
 2009年9月23日に車で取材に行きました。

時刻表 時刻表
 完全な無人駅です。時刻表が貼ってありましたが、一日3往復、しかも札幌直通は1本だけです。
 江差駅が6往復、増毛駅が7往復、夕張駅が9往復ですからこの数は北海道の頭端駅で一番少ないと思います。

ホームから札幌側を見る ホームから札幌側を見る
 1面1線のホームから札幌側を見たところです。

 学園都市線は札幌近郊では利用者が多くて、JR北海道は2009(平成21)年9月に桑園〜北海道医療大学間(28.9km)の電化工事をすると発表しました。完成は2012(平成24)年の予定です。

沼田側を見る 沼田側を見る
 沼田側を見たところです。一見線路が続いています。
 新十津川〜石狩沼田間が1972(昭和47)年に廃止されましたが、この時は5往復あったそうです。廃止区間は34.9kmもありました。

車止めがありました
車止めがありました

 ホームから遠く離れて車止めがありました。
 このシリーズの協力者、増田博昭さんも9月3日に訪ねて、「一日3往復の運行なので駅前も侘しさが漂っており、頭端駅につきものの車止めは駅から2〜300mも離れたアパートの近くにありました。
 旧札沼線の名残がこんな所にあるのだと思われました。」と印象を送って下さいました。

新千歳空港駅

[写真提供:増田博昭]

新千歳空港駅改札口(2009年4月14日)
新千歳空港駅改札口(2009年4月14日)

 2009年4月14日に出張された、増田さん撮影の写真を4枚使わせて頂きます。
 
 新千歳空港駅は新千歳空港への連絡駅で、北海道では唯一の地下駅です(海底駅を除き)。
 出入りする列車は、朝7時台までと22時台の1本が普通列車ですが、他は全て快速「エアポート」の運転で、9時台〜20時台は15分おきの等間隔運転をしています。
 駅の内装はデンマーク国鉄と提携したデザインで、通路部分に見られる鮮やかな配色が特徴です。

ホームです
ホームです

 ホームです。駅の構造は こちらをクリック して下さい。
 1面2線の駅ですが、JR北海道では札幌、手稲、新札幌に次ぎ、4番目に利用者数が多い駅です。

暗い中で光る車止め 暗い中で光る車止め
 暗い中で光る車止めです。
 時間があって、座りたい時は、15分遅らせて次発に乗れば座れます。お金と手間が気にならなければ、快速列車には指定席U-Seatがあります。

隣駅は南千歳駅 隣駅は南千歳駅
 隣駅は南千歳駅で、ここは帯広・釧路行きや室蘭・函館行きの特急の停車駅です。
 なお、南千歳駅〜新千歳空港駅間は140円の加算運賃が設定されていて、隣の南千歳駅までの運賃はわずか2.6kmなのに300円と高額です。

次のページは室蘭駅です。

[作成:2009年10月29日]

もどる ホームへ 次へ