トドの給餌
トドの給餌。失敗を狙って、カラスが集まります。トドは2頭います。
岩の上の方は受けるのが上手です。(2002年2月2日/円山動物園)

円山動物園:2002年2月2日(土)

 この日は、円山公園へ鳥見に行きました。
 北海道神宮へ行くと、奥の方の無料休憩所が六花亭の茶室で、同社の「判官さま」というお菓子とほうじ茶が無料で振舞われることを知りました。この様子は絵日記に書きましたので、何れ別館の「ミニ薀蓄シリーズ」へ移します。

円山公園の冬鳥  時間もあったので、そのまま歩いて円山動物園へ行きました。13時からあった動物科学館での給餌台へ来る鳥の解説に間に合いました。この日は余りたくさんの種類は来ていないとのことでした。カラ類の見分け方のレクチャーなどがあり、白黒ながら手作りのパンフレットもたくさんありました。

アヒルと子供  園内で動物に直接触れることのできるただ一つの場所が、子供動物園です。実にたくさんの動物や鳥がいます。写真はアヒルで、昼寝していたのに、女の子に起こされてしまいました。ガチョウもたくさんいました。

メジロ  ここでは、前面が大きいガラスのケージに多数の野鳥が共同で暮らしていて、観察も撮影も楽に出来ます。写真はメジロですね。
 面白がってたくさんの小鳥を撮りました。天然物とごまかせるでしょうか?

サル山  サル山の頂上です。余り寒い日ではなかったので、元気です。
 北限のサルは旭山動物園ですか?

餌を貰うゴマちゃん  丁度、トド、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシの給餌にも間に合いました。ホッケを貰っていました。
 このページのトップがトドの給餌です。
 左の写真は、餌を貰うゴマフアザラシで、2つの池に2頭ずついて、競争です。
 凄い勢いで泳ぐので、注意はされていましたが、ズボンがびしょびしょになってしまいました。

ゼニガタアザラシの給餌  ゼニガタアザラシは3頭いて、直接飼育係のお兄さんから餌を貰います。左の1頭が「慣れ過ぎて」います。

頂戴頂戴  飼育員さんを、口で押したり、手で押したり・・・。「頂戴、頂戴」と言っています。

降りるクマ  急坂を降りるヒグマです。雪があるので滑ります。慎重に後ろ向きに降りるのをみて、イメージが変わりました。

 旭山動物園と違って、殆どすべての施設が営業しています。
円山動物園ホームページ:広いので「マルヤマズーガイド」で位置を確認してから行きましょう。

 この記事は、別館の写真絵日記の2002年2月2日分(動物園の写真2枚だった)に、大幅に加筆し、写真を7枚追加したものです。

[作成:2002年2月8日、レイアウトなど変更:2003年12月29日]

戻る  旅ホームへ