太っ腹は危ない
太っ腹は危ない(富良野市の北海へそ踊りの人形)

メタボリックシンドローム

はじめに

 富良野市は北海道の中心に位置し「北海道のへそのまち」として、毎年7月末には北海へそ祭りが行われます。
食事が大事です 食事が大事です
 裸の上半身に顔を描いて踊るユーモラスな北海へそ踊り(上の写真は富良野市役所の展示コーナーで撮りました)では大きいお腹が見栄えがします。太っ腹と言うのも一般にはほめ言葉ですね。

 食べ過ぎと運動不足が行き着く先は、内蔵肥満型の肥満と糖尿病などの生活習慣病です。前作で「倹約遺伝子」のことを書きましたが、このままでは日本全体が「大変なことになってしまいます」。

メタボリックシンドローム

リンゴ型肥満
リンゴ型肥満:これが危ない
 メタボリックシンドローム(メタボリック症候群、内臓脂肪症候群)とは内臓肥満に加えて血圧、血中脂質、血糖値に異常がある状態です。これは『死の四重奏』とも言われ、個別の数値はそれほど悪くなくても、重なると糖尿病や心筋梗塞(こうそく)などの深刻な病気になりやすい状態を指します。
 40歳以上の日本人の3分の1に当たる約2000万人が同シンドロームや予備群とされています。
 なお、メタボリックとは「代謝(たいしゃ)」のことです。生体内の物質とエネルギーとの変化のことを言い、本来は悪い意味はありません。

メタボリックシンドロームの定義

 メタボリックシンドローム診断基準検討委員会が次の8つの学会で作られました。
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本肥満学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本循環器学会
  • 日本腎臓病学会
  • 日本血栓止血学会
  • 日本内科学会
 そこで決定して2005年に発表された日本人の診断基準は次のようなものです。

洋ナシ型肥満
洋ナシ型肥満:これは大丈夫
  • 内臓脂肪(腹腔内脂肪)蓄積
    ウエスト周囲径 男性≧85cm、女性≧90cm(へその高さで計測)
    内臓脂肪面積 男女とも≧100cm2(CTなどで)

  • 上記に加え以下のうち2項目以上
    (1)血中脂質 高トリグリセライド血症≧150mg/dl、かつ/または低HDLコレステロ−ル血症<40mg/dl
    (2)高血圧 収縮期血圧≧130mmHg、かつ/または拡張期血圧≧85mmHg
    (3)空腹時高血糖 ≧110mg/dl
  • 治療中の項目は陽性にくわえます。
  • ちなみにアメリカでの腹囲の基準(American Heart Association)は、男性40インチ(101.6cm)、女性35インチ(88.9cm)です。アメリカの男性、太っ腹・・

 2008年4月にスタートした、メタボリックシンドロームに着目した特定健康診査(特定健診)では、特定保健指導の階層化に用いる基準値は、上記とは異なりますので、次ページ をご覧下さい。


 また私の勤務先、北海道労働保健管理協会 では内臓脂肪ドックで、CTを使って脂肪量の測定をしています。詳しくはそちらをご覧下さい。
内臓脂肪のCTによる測定略図

厚生労働省の考え

 将来、国全体の医療費の負担増をさけるために、メタボリックシンドローム対策に厚生労働省も本格的に乗り出しました。
1に運動 1に運動
 厚生労働省は、一人一人が異常を自覚し、運動したり食事に注意したりして予防することが、中長期的な医療費の削減につながると判断しています。
 各人が自分の健康状態を把握し、より良い生活習慣へと改善していくためには、健康診断後の保健・栄養の指導の重要性が唱えられていました。
 そこで、すべての人に対し効果的な保健・栄養指導(特定保健指導)を行うこと目的として、効率よくその対象者分けるための特定健康診査(特定健診)の具体的な方法が検討され、2008年4月に開始されました。
 これについては 次ページ に詳しく書きました。

2に食事 2に食事
 同時に、健康保険組合に被保険者(本人)だけでなく、被扶養者(家族)の健診の実施を義務付けました。
 これまで任意だった主婦らが受診することで、健康診断の簡易化と合わせ、受診率は現在の60%から20年後には80%にアップさせ、同時に健診後の保健指導を充実させて、生活習慣を改善させることが考えられています。

しっかり禁煙 しっかり禁煙
 こうした施策で、メタボリックシンドロームは2015年に現在の4分の3、25年には半分に減らし、医療費もそれぞれ8000億円、22兆6000億円削減したい考えだそうです。
 厚生労働省がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群と記述することも多い)への個人対策として呼びかけているのは、1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬 です。

 禁煙運動が近年一般化して来ました。今はJR北海道車内も、札幌近郊のタクシーの大部分の車内も禁煙です。

政府による生活習慣への介入

喫煙者にはきつい時勢です 喫煙者にはきつい時勢です
 特定健診ではお腹周り(腹囲)の計測が必須です。
 メタボリックシンドロームとか予備群と判定されたら、貴方は強力な保健指導(食事指導や運動指導も含まれます)を受けねばなりません。
 保健指導の民営へのアウトソーシング化も図られています。新しい内臓脂肪計の開発が始まっています。
 貴方の腹囲は大丈夫ですか?


 2008年の特定健診、特定保健指導の開始に伴い改訂しました。今後も大きな変更があったら、改訂します。


[作成:2006年5月1日、健診の部分を小改訂:5月10日、
2008年の特定健診開始に合わせて内容改訂、
同時に表題も「症候群→シンドローム」と変更:2008年9月2日]

ホームへ 次へ