メタボじゃないよ メタボじゃないよ

特定健診と
特定保健指導

あなたは
メタボリックか?



 平成20年4月より、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査(特定健診)と特定保健指導が開始されました。これは、医療保険者(国保や各健康保険組合等)に実施を義務化されるもので、その対象は40歳から74歳までの被保険者、被扶養者になります。
 同時に事業者に義務付けられた職場の健康診断も、それを規定した労働安全衛生法が改訂されて、特定健診を含むようになりました。

特定健診、特定保健指導の目的

満腹さん 満腹さん
 特定健診の根拠法は「高齢者医療確保法」と言います。

 40歳以上では3人に1人がメタボリックシンドロームに該当すると言われ、これは糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)などと関連性があり、心疾患や脳血管疾患等のリスクが高くなります。
 特定健診、特定保健指導は、メタボリックシンドロームに着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行うことで、糖尿病等の有病者や予備群を減少させ、ひいては国民医療費を減少させることが目的です。

特定健診の実施内容

 特定健診は「基本的な健診の項目」と「詳細な健診の項目」に大きく分けられます。
 「基本的な健診の項目」には、腹囲測定・LDL コレステロール・HbA1c が新たに加わりました。
 一方、心電図・貧血検査がこれまでの健診の必須項目から外れ、眼底検査と共に一次検査の結果や過去の検査結果等を踏まえ医師の判断により実施される「詳細な健診」の項目となりました。
運動はとても大事 運動はとても大事

基本的な健診の項目
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲(内臓脂肪面積)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液化学検査(中性脂肪、HDL コレステロール、LDL コレステロール)
  • 肝機能検査(AST〔GOT〕、ALT〔GPT〕、γ-GT〔γ-GTP〕
  • 血糖検査(空腹時血糖又は HbA1c 検査)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)

 BMI とは体重(kg)を身長(m表示)の2乗で割ったもので、22が理想と言われています。LDL コレステロールは悪玉コレステロールです。HbA1c は検査前の飲食の影響を受けない糖尿病検査です。

詳細な健診の項目
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量〔ヘモグロビン値〕、ヘマトクリット値)

特定保健指導の種類

 特定健診受診者には次のような3種類の保健指導が行われます。

情報提供(健診受診者全員に、健診結果を通知する際に行います)

健康な生活習慣の重要性に対する理解を深め、生活習慣を見直すような基本的な情報を提供します。
*指導内容*
パンフレットの送付、 ホームページでの情報提供など

食べ過ぎ飲み過ぎ注意 食べ過ぎ飲み過ぎ注意
動機づけ支援(原則面接を1回のみ行います)

面接を行い、生活習慣の改善のために個別の行動計画を設定し、自主的な取り組みを継続的に行えるよう動機づけを支援します。
*指導内容*
個別支援、グループ支援

積極的支援(3〜6ヵ月かけて支援します)

(1)面接を行い、生活習慣の改善のために個別の行動計画を設定し、自主的な取り組みを継続的に行えるよう動機づけを支援します。
*指導内容*
個別支援、グループ支援

(2)3ヵ月以上、複数回にわたって生活習慣改善のための取り組みを継続的に支援し、その生活が続けられるようにサポートします。
*指導内容*
個別支援、グループ支援、E-mailなど

(3)目標設定から6ヵ月以上経過後に、計画の進み具合と、身体状況や生活習慣に変化が見られたかを確認します。

特定保健指導の階層化

 特定健診の結果によって、受診者は上記の3つの保健指導のどれに当たるか分別され、これを「階層化」と言います。
 階層化には腹囲や BMI で表される内蔵肥満と、健診結果と喫煙の有無による追加リスクのカウントによって決められます。
私の勤務先で使っています
勤務先で使っています
(1)腹囲が男性 85cm 以上、女性 90cm 以上
  追加リスクが 2個以上:積極的支援
  追加リスクが 1個:動機付け支援
  追加リスクが 0個:情報提供

(2)腹囲が男性 85cm未満、女性 95cm未満であるが BMI≧25
  追加リスクが 3個以上:積極的支援
  追加リスクが 1個または2個:動機付け支援
  追加リスクが 0個:情報提供

(3)腹囲が男性 85cm未満、女性 95cm未満であり、かつ BMI<25
  追加リスクに関係なく:情報提供

 前期高齢者(65歳以上75歳未満)については、「積極的支援」の対象となった場合でも「動機付け支援」となります。
 * 服薬中の人は、特定保健指導の対象となりません(受診中の医療機関で保健指導を受けます)。

追加リスクのカウント方法

 2005年に発表された8学会の日本人のメタボリックシンドローム診断基準とは異なりますのでご注意下さい。
 追加リスクの一覧は下のようになります。
追加リスク一覧

 各項目の基準値は、腹囲も含めて、改訂される可能性があります。

喫煙は要注意
喫煙は要注意
 喫煙歴と書いてありますが、現在禁煙している方はカウントされません。喫煙習慣が今あるかどうかが問題です。

 煙草は嗜好(たしなみの意味)などと強がっていても、喫煙習慣が血圧が高いことや血糖が高いことと同列と決められるとつらいでしょうね(私は数年前に禁煙しました)。

受診率・保健指導実施率の目標

目標値
目標値
 各保険者に対して、被保険者(本人)及び被扶養者(家族)のすべてを対象とした受診率・保健指導実施率の平成24年度の目標値は、左の表のようになります。
 この他にも目標値が定められていて、達しない場合のペナルティも決められていますが、人的、費用的にも簡単には行かないと思います。

あなたはメタボか?

食べ物が大事
食べ物が大事
 ここまで読んで下さった方は、明記されていなくても、「積極的支援の対象者」がメタボリックシンドローム(を強く疑われる人)で、「動機付け支援の対象者」が予備群と判ると思います。

 健康診断の現場で、よく「自分は太っているからメタボだ」と思っている多くの受診者に遭遇します。太っていても、追加リスクがゼロの、言わば「健康的な肥満者」もいますし、予備群の方もいます。
 前作「メタボリック症候群」に書いたように、大切なのは「1に運動、2に食事、しっかり禁煙」することです。

[作成:2008年8月24日、小改訂:9月2日]

前へ ホームへ