ピーナッツリングのシジュウカラ(2009年2月16日)
ピーナッツリングのシジュウカラ(2009年2月16日)

身近な野鳥

 四季折々、身近によって来た野鳥を写真に撮っていましたが、発表の機会を作るため、こんな大袈裟な名前のページを立ち上げました。
 写真集みたいなものですが、間違いのご指摘や激励を待っております。

ピーナッツリング

ピーナッツリングについて

スズメが挑戦することがあります スズメが挑戦することがあります
 確か2002年にNHK教育テレビで「バーディング」と言う野鳥の放送を2話見ました。
 その番組で、ピーナッツリングと バードケーキ(2003年2月10日写真絵日記)が紹介されていました。
 家内は時々ピーナッツリングを作っていて、「給餌台の小鳥たち」にシジュウカラの写真があります。左の写真はスズメが挑戦しているところで、2004年2月4日の絵日記の写真です。

中国産の落花生 中国産の落花生(2009年2月3日)
 2009年2月3日
 シジュウカラ用にピーナッツリングを作ろうと、半月位前に、家内が中国製落花生を買いました。
 節分になったので引っ張り出して、ちょっと撒いて、たくさん食べました。
 円山公園のエゾリス、シマリスは落花生が好きで、器用に殻を割って食べます。エゾリスのページなどに書きました。でも函館のエゾリスは落花生を食べません。

ピーナッツリングが出来ました ピーナッツリングが出来ました
 家内が久しぶりに作ったピーナッツリングです。
 落花生の殻の両端を鋏で切ります。大きく切ると、落花生がこぼれてしまいます。穴が小さ過ぎると、野鳥が取り出すのに苦労します。その両端を切った落花生の殻の中心にを針金を通して、丸くしてリングにします。
 針金のリングの上端は固定しやすい形にします。

さて成果は

シジュウカラが来ています シジュウカラが来ています
 2009年2月16日
 ピーナッツリングを吊ってから、時々シジュウカラが1,2羽来ています。この日帰宅したら、2羽のシジュウカラが来ていました。これはちょっと離れた室内からガラス越しに撮った物です。

 トップ写真は、すぐ近くの窓のレースカーテンを少し開けて、珍しく連写で撮った1枚です。

空っぽ〜 空っぽ〜
 2009年2月25日
 この頃は庭にアトリが現れて、スズメやハトと賑やかです。
 シジュウカラも2羽来ました。ピーナッツリングがお目当てで、もう殻しか残っていないので、立ち去りました。

ヒヨドリも来ます ヒヨドリも来ます
 ヒヨドリも来ました。
 地面の野鳥の餌は食べないようですが、リンゴを置くと皆食べてしまいます。ピーナッツも好きで、ピーナッツリングにも挑戦しますが、体が大きいので、揺れて難しいようです。
 早速この日、殻付き落花生を買いましたが、節分過ぎなので高価な千葉県産しかありません。その夜私もリングを作りました。

シジュウカラが来ました(家内撮影) シジュウカラが来ました(家内撮影)
 2009年2月28日
 朝ゆっくり寝ていたら、家内からピーナッツリングにシジュウカラが来ていると起こされました。私が2日前に初めて作ったピーナッツリングにシジュウカラが来て、食べています。この写真は家内の撮影で、小柄なシジュウカラはリングに入れます。
 その後は、高価な千葉県産の落花生を使ったのに、ヒヨドリやハトが食べていました。

ピーナッツリングに挑戦するヒヨドリ ピーナッツリングに挑戦するヒヨドリ
 ヒヨドリは庭に置いたリンゴを食べて満足している訳ではなさそうです。
 ピーナッツリングにも果敢に挑戦して来ます。体が大きいので、リングには入れません。回って落ちてしまいます。
 リングを吊った物干し竿に乗って、ピーナッツを取ろうとします。「ヒヨドリとハマナスの実」 を思い出しました。

美味い〜 美味い〜
 首尾よくピーナッツが取れました。誇らしげに見えます。前記ページにも同じような写真があります。
 ヒヨドリは、人によく慣れるので平安時代には貴族の間で盛んに飼われ、持ち寄ってその鳴き声や羽色の優劣を競い合ったそうです。意外ですね。
 野菜を集団で食害することがあるので、狩猟鳥に指定されています。

自分で撮れました 自分で撮れました
 2009年3月2日
 午前中、シジュウカラが私の作ったピーナッツリングに乗ってくれました。私が作った後で、家内がもっと大きいピーナッツリングを作って吊るしたのですが、見ている時にはなかなか来ません。やっと1枚撮れました。
 ドバトやヒヨドリがうるさいので、シジュウカラはすぐ立ち去りました。
 このお腹の模様の太いのはオスのシジュウカラです。

[作成:2009年3月4日]

動物ホームへ