雪の上のハギマシコ(2008年2月17日)
雪の上のハギマシコ(2008年2月17日)

雪の斜面のハギマシコ

 2008年2月は函館市内の川で、カワセミの写真をたくさん撮って、冬のカワセミ2008.2 を作りました。
 2月17日、初めてハギマシコ(オス)をたくさん撮りました。1羽だけなのでページを作るまでもないと思いましたが、亜璃西社「北海道野鳥図鑑」によると観察難易度が高い方なので、後出しですがまとめてみます。

2008年 2月17日(日)

ノートリミングの全景
ノートリミングの全景

 この日の絵日記 には魚を呑み込むカワセミやエゾリスのはにかみ君が登場し、ゴイサギのゴイ君の悲しいお知らせが載っています。
 こちらは宅地の法面を歩いていたハギマシコを、見つけた時のノートリミングの写真です。雪の少ない斜面によくいるようです。

周りを見渡している
周りを見渡している

 この写真からはトリミングしています。
 どんどん近付いて来ました。草の種などを食べていて、雪があるのでとても綺麗に見えました。

草に乗っている
草に乗っている

 横を向きました。オス冬羽は額と顔、のどが黒褐色で、頭から首の後が黄褐色です。
 下面も黒褐色の中に白や赤紫色の斑があります。メスはもっと色が淡いです。

前を見る
前を見る

 斜面を降りて来て、雪から顔を出した枯れた草の種を食べます。
 ハギマシコはアトリ科の冬鳥(一部留鳥)で、小群でいることが多いそうです。
 大きさは16cmとスズメよりやや大きいです。漢字では萩猿子、英語では Rosy Finch と言います。バラの色かも知れません。

餌を取る

草を咥えています 草を咥えています
 冬季の海岸や河川敷、山地の崖斜面などで、餌を取り、まれに大群を作るそうです。
 この日は探しましたが、この1羽しか見られませんでした。

種を食べている 種を食べている
 雪面に座り込んで、草の種をたべています。
 だるまさんみたいで、ユーモラスな姿です。

雪に座り込んでいる 雪に座り込んでいる
 顔をあげました。
 クチバシには種の殻でしょうか、ゴミのようにいっぱい付いています。
 二枚目とは言えないですね。

壁も登れる

雪の上に立つ 雪の上に立つ
 斜面の奥のコンクリートの方へ歩いて行きました。
 どこまで近付いて来るか、はらはらしながら見ていたのですが・・・

コンクリート壁も登れます コンクリート壁も登れます
 コンクリート壁の隙間の草に近付こうと、壁につかまりました。
 のそのそ歩くだけではなかったです。
 羽もあるから、春には北国へ帰れます。

 ちなみに前述の「北海道野鳥図鑑」(亜璃西社、2003年)による観察難易度は、易しい方から、シメやカワラヒワが1、ベニヒワやベニマシコが2、オオマシコやハギマシコが3、コイカルやナキイスカが4です。

 次はオスメス揃った群で見たいものです。

[作成:2008年12月26日]

動物ホームへ