こちらを気にするコクガン(2013年2月1日/函館市)
こちらを気にするコクガン(2013年2月1日/函館市)

気になるなー

コクガンの越冬について

 天然記念物コクガンは函館沿岸が日本では最大の越冬地です。
 コクガンについては既に 函館近海のコクガン渚にてコクガンとの共生逃げないコクガン を発表しました。
 「函館湾周辺沿岸」が環境省選定の 日本の重要湿地500 の60番に指定されていることは前作に書きました。しかしコクガンの越冬地についてはよく判らない部分があります。

 近年は来る時期が早く帰る時期が遅くなって、滞在期間が長くなっています。また昔ほど警戒心が強くなくなったように思われます。

2013年 2月 1日(金):久しぶりのコクガン見物

7羽の群れのコクガン
7羽の群れのコクガン(2013年2月1日)

 今夜から天気が崩れる予報で、昼過ぎが干潮なので下海岸(戸井恵山方面)にコクガンを見に行きました。
 家から1番近い観察地では7羽の群れが餌の海草を食べています。


餌を食べる5羽
餌を食べる5羽(2013年2月1日)

 港に車を置いて、細い川を飛び越えてコクガンの群れに近寄りました。
 逃げられないように、写真を撮りながら少しずつ近付いて行きます。
 ややばらけているので、全部を1画面に収めるとコクガンの姿が小さくなってしまいます。

視線が合ってしまいました
視線が合ってしまいました(2013年2月1日)

 近くに寄れましたが、気になるようで、時々こちらを見ています。
 視線が合ったしまいました。いわゆる「カメラ目線」のコクガンです。左の2羽のクチバシにぶら下がっているのは餌の海草です。

浅瀬に立って採餌しています
浅瀬に立って採餌しています(2013年2月1日)

 約1500羽前後のコクガンが北海道南部や東北地方で越冬します(年によって差があります)。今は函館近海を中心に道南で1000羽位過ごすようで、伊達市の海岸でも見ました。
 コクガンはマガンやヒシクイと共に、1971年に国の天然記念物に指定され、環境省・レッドデータブックでは「絶滅危惧U類」(絶滅の危険が増大している種)になっています。
 満潮時は沖合で過ごし、干潮時に岸に採餌に来ます。川へ真水も飲みに来るそうです。

こちらを見るコクガン
こちらを見るコクガン(2013年2月1日)

 写真を撮っているとやはり目の前の私がが気になります。
 この日2回目のカメラ目線のコクガンです。

周囲を見回すコクガン
周囲を見回すコクガン(2013年2月1日)

 大きくて敏捷な鳥ではないので、岸にいるときは周囲を警戒しているようです。
 犬やキツネが寄って来たら大変です。変なカメラマンも来るかも知れない・・左のコクガンは周りを見ているようです。

また1羽がこちらを見ました
また1羽がこちらを見ました(2013年2月1日)

 一羽が歩きながらこちらを見ました。
 私はじっとしていて、写真だけ撮っているのですが、やはり気になるのですね。

コクガンはこんな鳥です
コクガンはこんな鳥です(2013年2月1日)

 顔が黒い鳥で、体も白、黒、黒褐色なので、+方向に少し(1/3〜2/3)露出補正をすると目が撮れます。
 コクガンは漢字では黒雁、英語名はBrent Goose(英)Brant(米)、Lは61cmです。
 雌雄同色で、幼鳥は首のレース状の模様が細いことが知られています。

左を見ている
画面左を見ている(2013年2月1日)

 画面左を見ています。
 大潮なので海底が広く表れて、たくさんの人が海岸に出ていました。
 ころっとしていて愛嬌のある鳥です。

今度は2羽がこちらを見ました
今度は2羽がこちらを見ました(2013年2月1日)

 今度は2羽がこちらを見ています。
 やはり気にしているんですね。

漁師は平気

場所を変え始めました
コクガンはこんな鳥です(2013年2月1日)

 餌を食べながらだんだん向うに移動して行きました。
 近くにいた私から少しずつ離れて行ったのか、それとも餌が無くなって移動したのかも知れません。

海苔を撮る漁師さんの傍で
海苔を撮る漁師さんの傍で(2013年2月1日)

 私たちがその場を離れてしばらくすると、コクガンたちは近くの港の方に餌を取ながら移動して行きました。そこには海藻を採る男性が2人いました。
 漁師と言うか漁業関係者をコクガンは気にしないようだと、「コクガンとの共生」 などで書きました。今日もそんな感じですね。

漁師さんは平気です
漁師さんは平気です(2013年2月1日)

 漁師さんとは近いです。
 昔は近くに寄る前に飛んで逃げることが多かったです。最近は少しずつ歩いたり泳いだりして離れて行くことが普通になりました。
 中には愛想好もいて楽しい一時を過ごせます。

[作成:2013年2月3日]

戻る 動物ホームへ