ハシブトガラ
ハシブトガラ(シジュウカラ科)(2002年3月1日/函館市)

身近な野鳥

 四季折々、身近によって来た野鳥を写真に撮っていましたが、発表の機会を作るため、こんな大袈裟な名前のページを立ち上げました。
 写真集みたいなものですが、間違いのご指摘や激励を待っております。

給餌台の小鳥たち

 正直言って、ホームページを立ち上げた頃は野鳥には余り興味が無くて、とても無知でした。
 10倍ズームのデジカメを購入(2001年1月)した後は、鳥も少し撮れるようになって、自ずと興味も深まり、それなり(?)に勉強もするようになりました。
 しかし野鳥はデジカメだけではなかなか大きくは撮れません。その点、給餌台にやって来る小鳥は恰好の被写体です。なるべく動きや表情の感じられる写真を選んだつもりです。
 今後も、鳥の種類の追加や写真の入れ換えを行っていく予定です。

ハシブトガラ(シジュウカラ科)

ハシブトガラ  函館のエゾリスのいる公園の管理事務所の前に、ペットボトルを使ったヒマワリの種の給餌台があります。ここはすぐ近くから観察できて、たくさんの野鳥を撮れました。

 「注:2002年冬から、餌は与えられていないようです。(2003年12月追記)」

横から見る  コガラと言う似た野鳥との鑑別は難しいそうです。ハシブトはクチバシが太いと言う意味です。コガラは北海道にはいないと書いている人もいます。

登る  脂肪分が好きなようで、動物の脂身にもよく来ます。
 札幌の円山公園で木をつついているのを見たことがあります。虫をとっていたのでしょう。
 ペットボトルの餌を入れるところから種をとっています。

シジュウカラ(シジュウカラ科)

誰?  とても多い鳥で、ネクタイ模様が特徴と言われています。大沼の自然ふれあいセンターを紹介したページに3枚出していますので、こちらは少し変わったものを。

前から見ると  頭の方から見ると丸くなって、ちょっとシジュウカラとは思えません。
 背中とお腹が違う印象の鳥です。

ピーナッツリング  ピーナッツの端を少し切って、針金に通してリングにしてあります。
 とても過保護な感じですが、NHKのバーディングでも紹介されていました。首尾よくシジュウカラが来てくれて、リングの作者は大喜びです。

ヤマガラ(シジュウカラ科)

ヤマガラ  いつもの公園の給餌台の近くの塀にとまっていました。
 赤みの混じった鮮やかな鳥で、函館市の市の鳥に指定されています。

仰ぎ見る  餌をとろうと仰ぎ見ています。
 人に慣れやすい鳥のようで、おみくじをとって来る芸をするのがヤマガラだそうです。

咥える  首尾よく餌をとりました。
 余り寒い地方にはいないようで、道東では少ないそうです。札幌ではよく見ます。


[レイアウト変更、注意書き追加:2003年12月12日]

動物ホームへ 次へ