飛ぶマガン
飛ぶマガン。(2003年4月22日)
 宮島沼とマガンについては、既に2ページ作っていますので、基本的なことはそちらでどうぞ。
 春、マガンは時速100キロのスピードで 一気にカムチャッカ半島中部まで飛びつづけ、営巣地を目指します。それは距離にして4,000kmもの渡りの旅です。この飛翔の力強さが人を惹きつけるのですね。

 昨年から、宮島沼はラムサール条約の登録湿地になり、国の正式な鳥獣保護区になりました。
看板
新たに作られた看板です。
 2003年4月22日午後、宮島沼を訪れました。
 この日はマガン65,000羽、白鳥500羽がいるそうです。

 美唄市HP宮島沼マガンのなぞ では
『日中、マガンは採食と休息を繰り返します。普段は田んぼで落ち穂や畦草を食べますが、お腹いっぱいになるまで食べると、今度は消化のために休息します。
 その生活パターンは、午前中のうちに宮島沼に戻ってきて、水を飲んだり羽の手入れをしながら休息し、午後にはまた田んぼで採食する「2食昼寝付き」の生活が基本です。ただ、天気が悪いときや、田んぼに十分な飲み水があるような時は、わざわざ沼に戻ってこないで、田んぼで休息することも多くなります。』 と、書いています。

 天気のよい、風の弱い日ほど、沼で昼間くつろぐそうです。いつもは夕方を狙って行くのですが、この日は昼過ぎに行きました。

水上のマガン
 沼が溢れるほどのマガンがいます。水上のものも、数が多い分、近くで見られます。岸にいるものも眠っているものが多かったです。

飛び立つ  14時頃着きました。すでにマガンは群でばらばらと飛び立っています。

手前から多数が飛び立つ  14時20分頃、大きい群が飛び立ちました。岸のこちら側に近い方から飛び出すようです。

岸辺で  大群が飛び立つ羽音に、岸辺に上がって大部分が眠っていた群も、起き上がってそちらを見ます。

ピンネシリ  数が多いので、岸近くにはまだまだたくさんのマガンがいます。雪が残った山は、ピンネシリと思います。

 時間があれば、全部が飛び立つのを見送って、また、夕陽の中を戻って来るのを待つと良いですね。

[作成:2003年4月23日、
美唄市の宮島沼ホームページの更新で記述変更:2006年12月30日]

動物ホームへ