体を立てるヤマカケス(2009年2月9日大沼国際セミナーハウス)
体を立てるヤマカケス(2009年2月9日/大沼国際セミナーハウス)

ミヤマカケス図鑑2

前のページの続きです

2009年2月9日:大沼国際セミナーハウス

 大沼国際セミナーハウス は大沼湖畔にある七飯町立の会議場で、一般人も自由に入れて、休憩の椅子やトイレ、自販機などを無料で使えます。
 冬季には給餌台「小鳥のれすとらん」が設置されます。

餌箱に乗っている
餌箱に乗っている

 この日の写真絵日記によると、ミヤマカケスは同時に3羽来ていました。
 給餌台に乗っています。

給餌台の中で餌をくわえました
給餌台の中で餌をくわえました

 給餌台の中で餌をくわえました。
 剥きグルミみたいな感じですね。

枝の上で体を伸ばしました
枝の上で体を伸ばしました

 枝の上で体を伸ばしました。
 すらっと長身のスマートな鳥です。鳴き声とは合わない華麗さです。

足の間の殻をつついています
足の間の殻をつついています

 今度は、給餌台から運んで来た餌を枝に押し付けてつついています。
 先のページでもお馴染みの行為ですね。

少し食べたのか口を開けている
少し食べたのか口を開けている

 少し食べたのか口を開けています。
 まだ足の間には餌が残っています。

給餌台で新しい餌をくわえる
給餌台で新しい餌をくわえる

 給餌台で新しい餌をくわえました。
 周りを見回して、邪魔物が来ないか見ているようです。

2009年9月27日:函館市見晴公園

 夏にはミヤマカケスはそれこそ深山(みやま)に行っています。これは秋の撮影です。
 見晴公園は エゾリスのページ の道南のエゾリスの主舞台です。

日陰でドングリをくわえる
日陰でドングリをくわえる

 ここからはガラス越しでない戸外での撮影です。
 近寄れませんので、少し不鮮明です。ドングリをくわえているようです。

地面で餌を探している
地面で餌を探している

 地面を歩いて餌を探しています。
 エゾリスの埋めた餌も取ってしまうようです。

何か見つけたよう
何か見つけたよう

 何か見つけたようで立ち止まりました。
 日なたに出て来たので、羽の鮮やかな色がよく判ると思います。

何か見つけました
何か見つけました

 何か見つけたようです。
 下を向いて口を開けています。

これは何でしょう
これは何でしょう

 これは何でしょう。
 カラスの仲間なので雑食性です。逞しいです。

次のページへ続きます

[作成:2010年2月13日]

戻る 動物ホームへ 次へ