スズメの水浴びタイトル
スズメの水浴び。(札幌市大通公園バラ園/2003年8月19日)
左のスズメは尻尾を広げています。

 2003年8月19日、札幌の大通公園のバラ園に行きました。主目的は、北海道テレビ放送のホームページ上の北海道花情報へ投稿する写真を撮ることでしたが、昨年はここで、スズメの水浴びと砂浴びも撮れました。前作スズメの砂浴びの後半です。

札幌市大通公園バラ園

バラ園  大通公園の西11〜12丁目にバラ園があります。
 写真の彫刻は、佐藤忠良氏の「若い女の像」で、この足許に水が流れる場所があり、スズメが水浴びをします。

スズメの水浴び

 大通公園にはたくさんのドバトがいるのは有名ですが、スズメも多くいて、人から餌を貰っているので結構近寄れます。

スズメ(Nikon バードアイランド・ジャパン/日本の身近な野鳥たち)


顔をつける  25℃くらいある日で、日差しも強く、スズメは気持ちよさそうです。
 べちゃーと水に顔をつけています。ここはとても浅いので、スズメには丁度良い深さのようです。
 手前の白いものはバラの花です。

ビチョビチョ  ビチョビチョになっています。
 スズメは水浴びも砂浴びも好きな点で珍しいそうです。

お腹もつける
 向こう側のスズメは、ペターッとお腹を水につけているようです。
 水をはね飛ばしているところはうまく撮れませんでした。

砂浴びもするのです

砂浴び1  今回気付いたのですが、水浴びをした後、すぐに砂場に飛んで砂浴びもしていました。
 これは初めて見ました。濡れた体をすぐに砂で乾かせますね。

砂浴び2  時間をかけて見ていれば、集団の砂浴びも撮れたかも知れません。

 暑い日は、水浴びと砂浴びの連続を観察できることが判りました。

[作成:2003年8月19日、リンク修正:2006年5月28日]

動物ホームへ