ドジョウを咥えるアオサギ(2010年6月13日/大野平野)
ドジョウを咥えるアオサギ(2010年6月13日/大野平野)

ドジョウ好き

2010年 6月13日(日)

迷子のマガン
迷子のマガン

 以前、入門掲示板によく投稿して下さった道南地方のひとしさんは、精力的に鳥見をされる方で、2010年4月20日にブログ野鳥観察隊が行く!を開設されました。
 ひとしさんは6月9日、大野平野(函館市、北斗市と七飯町)の田んぼで1羽のマガンを見つけました。場所を聞いてこの日出かけると、いましたが、18日以後は行方不明だそうです。

咥えられてくねくねしている
咥えられてくねくねしている

 マガンは田んぼの中を歩いて、遠ざかって行きました。車を走らせて観察していると、アオサギが道路の近くで猟をしていました。
 神経質では無いようで、2度ほど餌を獲るのを見せてくれました。これはトップ写真より前に獲った別の獲物で、咥えられたドジョウのような物はくねくねしています。

獲物を狙う
獲物を狙う

 食べ終わるとすたすた田んぼの中を移動します。
 獲物を見つけたようです。


エイヤッとつかまえます
エイヤッとつかまえます

 エイヤッとつかまえます。
 獲物はたくさんいるようです。農薬などをたくさん使うと、田んぼに生き物がいなくなって、それを餌にする野鳥もい見られなくなります。

獲物を咥えて歩いています
獲物を咥えて歩いています

 獲物を咥えて歩いています。意気揚々という感じです。
 捕まえたのは何でしょう?

獲物を拡大してみます
獲物を拡大してみます

 トップ写真と同じ写真の、口先部分を拡大してみます。これが実寸の画像です。
 咥えられたのはドジョウで、その目も見えると思います。


 アオサギは北海道では基本的には夏鳥で、最も多いサギです。
 一部北海道で越冬する物もいますが、凍らない水面と獲物がないと飢えてしまいます。

 ここから3枚は別の場所から撮った家内の撮影で、同じアオサギです。

獲物をぶら下げている(家内撮影)
獲物をぶら下げている(家内撮影)

 咥えた獲物をぶら下げています。
 くの字に曲がっていますが、長くて細くて、ドジョウと思います。
 アオサギは愛嬌のある姿で人気があると思います。

獲物を口にしている(家内撮影)
獲物を口にしている(家内撮影)

 別の餌を捕まえた直後と思います。口に獲物を咥えています。
 
 前作「泳ぐアオサギ」は今現在、泳ぐアオサギと検索すると、Yahoo!でもGoogleでも1位になりました。1ヶ月かからないでデータベースに入ることが判りました。

獲った瞬間です(家内撮影)
獲った瞬間です(家内撮影)

 田んぼにクチバシを突っ込んだ瞬間です。獲物は獲れたでしょうか?
 
 道南のアオサギの話、シリーズ化したいですね。

[作成:2010年6月30日]

動物ホームへ