餌を求めて飛ぶユリカモメ(2012年2月27日/北斗市)
餌を求めて飛ぶユリカモメ(2012年2月27日/北斗市)

北で越冬 ユリカモメ

2011年10月30日(日):今秋もユリカモメ

ユリカモメは10羽くらい見られました
ユリカモメは10羽くらい見られました

 買物に出たついでに、北斗市上磯の戸切地(へきりち)川へ行きました。上流に戸切地陣屋跡地と言うサクラの名所があり、花を訪ねて・短編版に1ページあります。
 ここでは冬にオオハクチョウ、カワアイサ、ユリカモメなどを見ています。10月17日(絵日記) にはカワアイサを2羽見ましたが、今日はユリカモメが10羽くらいいました。

サケの卵を食べるユリカモメ
サケの卵を食べるユリカモメ

 浅い川をたくさんのサケが遡上していて、少し先にサケを誘導する仕掛けがあるのですが、その前に産卵するサケがいるようです。川に首を突っ込んでそれを食べています。
 このような光景は茂辺地川で見て、野生動物・野鳥編の「サケの卵を狙うユリカモメ」にまとめました。サケを見に来る人が多くて、子供さんたちが岸に行ったら逃げ去りました。
 亜璃西社の北海道野鳥図鑑ではユリカモメは「旅鳥◆一部周年」で、観察難易度は★★(観察の機会は多い)です。
 旅鳥は春と秋などの移動の途中に見られる鳥ですが、「周年」見られる場所は同図鑑には書いてありません。

2011年11月 1日(火):証拠撮った!

サケの卵を咥えている
サケの卵を咥えている

 一昨日ユリカモメとカワアイサを撮りましたが、小雨混じりの暗い日でした。
 この日は晴れていたので再訪問です。ユリカモメはサケの堰(せき)の近くに100羽くらい、泳いだり、飛んだり、水に首を突っ込んでいます。鳴き合ってとても煩いです。
 写真をチェックしていて、黒枠内のようにサケの卵を咥えているのに気付きました。

浅瀬のユリカモメ
浅瀬のユリカモメ

 カワアイサを撮りに堤防の上を歩いて河口側へ行くと、浅瀬にもたくさんのユリカモメがいました。休んでいるような感じで、こちらから上流へ飛んで行くようです。
 ウミネコやオオセグロカモメ(頭無し)も写っていますが、比べると小さくて、円い目が可愛いですね。でも見かけによらぬ荒い性格のようです。大小差があるように見えます。

2011年11月 2日(土):イクラが狙い

奥の右から2羽目がイクラを咥えている
奥の右から2羽目がイクラを咥えている

 ユリカモメファンの家内が昨日は所用で見に行けませんでしので今日も再訪です。
 今日はサケの卵(イクラです)を咥えている写真をたくさん撮ろうと思い、家内にもそう話しました。水から顔を上げたときがチャンスで、すぐ飲み込んでしまいます。
 これは奥の右から2羽目がそうで、イクラを咥えた数枚の写真が撮れました。
 茂辺地(もへじ)川も覗きましたが、ユリカモメは1羽もいませんでした。

休むユリカモメの群
休むユリカモメの群

 11月9日の絵日記で紹介した自分のコンピュータの壁紙用に加工した写真です。クリックすると別ウィンドウに、1024×768ピクセルの画像が表示されます。
 11月2日に撮った、川の浅瀬で休むユリカモメの群です。

2011年11月 5日(土):第1回冬羽

3羽のユリカモメ
3羽のユリカモメ

 小雨混じりの天候でしたが、明日からはしばらく見に行けないので、イクラ狙いのユリカモメやカワアイサのいる川へ3日ぶりに行きました。ユリカモメの数が少なくて驚きました。
 写真の3羽の前の1羽は羽に模様が無い成鳥の冬羽です。後の2羽は羽(雨覆い)に茶色の模様があり、今年産まれのカモメの第1回冬羽です。2年目には成鳥になるそうです。

吃驚する
吃驚する

 羽を広げているユリカモメはサケが足に当たって吃驚しているのだと思います。
 ユリカモメは雌雄同色です。左前に一部が写っているのは第1回冬羽で、クチバシと足がオレンジ色で、成長冬羽の赤色のような鮮やかさがありません。
 夏羽のガングロ姿は 野生動物・野鳥編の「大森海岸のユリカモメ」にあります。

2011年11月11日(金):寛ぐユリカモメとカワアイサのオス

寛ぐユリカモメとカワアイサのオスです
寛ぐユリカモメとカワアイサのオスです

 ユリカモメがまだいるか上磯の川へ行ってみました。近付くと煩い鳴き声が聞こえて、相変わらずたくさんでイクラ狙いをしていました。
 ユリカモメの半分近くが河口近くの対岸で寛いでいました。バシャバシャ水を飛び散らしながら水浴びをしているユリカモメも多かったです。サケの卵を狙って騒いでいるのと雰囲気が全然違います。
 その間をカワアイサのオスが泳いでいますが、体の大きさの差が判りますね。

2011年11月18日(金):イクラに大騒ぎするユリカモメたち

大騒ぎするユリカモメたち
大騒ぎするユリカモメたち

 天気も好いので所用をすませてから、上磯へ行きました。
 11日にもユリカモメやカワアイサを見に行った川には、今日は今までで1番たくさんのユリカモメがいました。ユリカモメはすでに本州に到着しているのも多いのですが、ここでは美味しいイクラを食べようと長居をしているようです。
 他のユリカモメが傍に来ると怒って鳴き叫んで喧嘩します。こんな風にかたまっている下にはサケの卵がたくさんあるのでしょう。近所の方たちは煩いことだと思います。

イクラを咥えるユリカモメ
イクラを咥えるユリカモメ

 この日撮った、サケの卵を咥えるユリカモメです。翌日の絵日記で使いました。

次のページに続きます。

[作成:2012年8月13日]

動物ホームへ 次へ