大物をくわえるダイサギ(2013年1月26日/函館市)
大物をくわえるダイサギ(2013年1月26日/函館市)

大物獲った!2

2013年 1月26日(土):ダイサギも大物獲った!

何かを口からぶら下げているダイサギ(2013年1月26日)
何かを口からぶら下げているダイサギ(2013年1月26日)

 晴れて来たので11時頃歩いて川に行きました。薄雪の下が氷っていて怖いです。
 カワセミポイントの木の下でダイサギが漁をしていて何か獲りました。
 ぶら下げているのでツララのような物かと思いましたが、よく見ると大きい魚です。

口の部分を拡大しています
口の部分を拡大しています

 この写真では顔の部分を拡大してみました。大きい魚が判ると思います。
 2枚撮ったらカワセミが飛んで来て、それを2枚撮ったら、ただならぬ気配を察したかカワセミは飛び去りました。

呑み込み始めました
呑み込み始めました

 呑み込み始めました。
 野生動物・野鳥編の 「大物獲った!」 はアオサギが主人公で、 2011年5月8日の絵日記{美味しいけど苦しい」 をまとめた物です。また、2011年5月21日の絵日記「また大物獲った!」 もアオサギが中物?を獲った話で、ダイサギの主人公は初めてです。

大物だ〜最初の写真の全体像です
大物だ〜最初の写真の全体像です

 このページのトップの写真のノートリミングの全体像で、カワセミの2枚を含めるとこれが5枚目の写真です。
 とても大き・・い、ボラでしょうか?。

水底に魚をつけて口に押し込む
水底に魚をつけて口に押し込む

 獲物の魚が大きいのですんなりとは呑み込めないようです。
 時々こんな風に水底に魚をつけて、のどにに押し込んでいるようでした。
 そう言えばアオサギよりダイサギの方が首は細くて長いです。

呑み込んだけど尾が見える
呑み込んだけど尾が見える

 こちらは8枚目の写真で大部分を呑み込んでいて、首が膨らんでいます。
 口の中に魚の尾が見えますね。
 あんな大きい魚が細い首を通るなんて、野生はたくましいと思います。

呑み込んでしまいました
呑み込んでしまいました

 呑み込んでしまいました。まだ首が太いです。
 お腹に落ち着いてしまうには、もうちょっと時間がかかりそう。

正面から見るとまだ首の形が変です
正面から見るとまだ首の形が変です

 正面から見るとまだ首の形が変です。
 首の付け根と言うか胸の上の方が膨らんでいるように見えます。

すましている
すましている

 対岸ですが、目の前に私たちが立っていて写真を撮っているのに気にしていないようです。
 満足、満腹・・
 すましているような感じです。

一本足で食休み
一本足で食休み

 河口まで歩いて、食事もすませて、同じ場所に戻っったのは大分時間が経ってからです。ダイサギはさっきの場所にはいませんでした。
 でも近くの岸の上で一本足で食休みをしているのを家内が見つけました。

[作成:2013年1月29日]

動物ホームへ