幼鳥かなと思ったアオサギ(2010年6月19日/函館市)
幼鳥かなと思ったアオサギ(2010年6月19日/函館市)

幼鳥かい?

2010年 6月19日(土)

水面を突いている
水面を突いている

 テレビでプロ野球を見ていましたが、動きが無いので、午後4時頃川へ行きました。
 カルガモのヒナ連れ一家を2組見つけました。もっと下流のいつもの場所でアオサギが漁をしていましたが、イタドリが背より高く伸びていてうまく撮れません。
 行き過ぎてから覗いて見ると、日頃のアオサギと色合いが違います。

水の中でたたずむ
水の中でたたずむ

 水の中でたたずんでいます。
 体全体が色が淡く、薄い灰色です。頭の上も白くて、短い冠羽がボサボサです。

外れです
外れです

 盛んに水の中を突いていますが、空振りばかりです。
 本当に魚がいるのかと疑問に思うほど、何度も水を突きます。


狙っているようです
狙っているようです

 実を低くして獲物を狙っているようです。
 構えは一人前と思いますが、成果が見られません。

歩いています
歩いています

 私に気付いたように歩いて離れて行きます。
 その時はそう思いました。

また獲物を外しました
また獲物を外しました

 上流の方に戻って、イタドリの隙間から見ると、目の前にいます。
 前方の波紋は水中を突いた時のもので、また外れです。

上から見ると頭の様子が判ります
上から見ると頭の様子が判ります

 近付いて来たので、上から見下ろした画像になります。
 頭の上、頭頂部の様子が判ります。
 警戒心が薄いようで、身をさらしても気にしいないように思えました。

木がある場所で獲物を狙う
木がある場所で獲物を狙う

 水中から小枝が水の上まで立っている場所がありました。
 こういう場所は小魚などが多いのか、この場所にしばらくいましたが、獲物は獲れませんでした。

 色が淡くて冠羽がボサボサ、漁は下手くそ、警戒心が薄い・・・
 幼鳥でしょうか?

[作成:2010年7月8日]

動物ホームへ