覗くアカゲラ

洞を覗く

 いつもエゾリスを見に行く函館の公園の、谷間にある木に空洞があって、2003年2月9日、エゾアカゲラのオスが中を覗いていました。
 昨年春には、ヤマゲラのオスとメスが中を窺っていて、巣があるのかと期待してしまいました。

 ユーモラスな姿ですので、ご紹介致します。

ヤマゲラの場合

ヤマゲラ  北海道のキツツキのページでも紹介していますが、2002年5月初めに、この木の空洞をヤマゲラがさかんに覗いていました。これは頭が赤いオスです。この一連の写真は5月2日に撮りました。

ヤマゲラ2  この頃はキツツキづいていて、初めてクマゲラも撮影しました。この穴でも連日のように3日間ヤマゲラのオスとメスの写真を撮って、営巣するのかと期待してしまいました。

ヤマゲラ3  すっぽり上半身が入っています。
 きっと空洞の中には餌になる虫でもいるのでしょう。

アカゲラの場合

アカゲラ1  文頭に書いた2003年2月9日の撮影です。
 これはエゾアカゲラのオスです。
 リスを見に行くと、驚くほど大きな音でアカゲラがドラミングしています。

アカゲラ2  中を覗き見ています。
 きっと木の空洞には餌になるような虫などが多いのでしょう。

アカゲラ3  空洞の上のほうを見ているようです。
 キツツキのあけた穴は、鳥だけでなく、エゾリスやモモンガも巣として利用するそうです。
 ここでの子育てを見たいですが、公園の遊歩道の傍ですから期待できません。

[作成:2003年2月15日]

動物ホームへ