道路を警戒すりヒレンジャク(2003年3月16日/函館市)
道路を警戒すりヒレンジャク(2003年3月16日/函館市)

レンジャク来たよ!(3)

 函館市内で家の庭に、2003年3月16日にはたくさんのレンジャクが来ました。
 
 前ページからの続きです。

リンゴを覗くキレンジャク リンゴを覗くキレンジャク
 リンゴを覗くキレンジャクです。
 皮も大分食べられています。
 レンジャクは羽が体の割には短くて小さいので、ペンギンの羽のような感じします。

逆立ちして食べるヒレンジャク 逆立ちして食べるヒレンジャク
 今度はヒレンジャクが来て、逆立してリンゴを食べています。
 まだ芯が少し残っているようです。

 キレンジャクとは色彩的にはよく似ていますね。

ひっそりシメがやって来ました ひっそりシメがやって来ました
 ひっそりシメがやって来ました。
 レンジャクとは食べ物は競合しません。ポットにはヒマワリの種やパンの小片が入っています。

顔を上げるキレンジャク 顔を上げるキレンジャク
 リンゴの上で、顔を上げたキレンジャクです。
 食べ物を探しているのかも・・・

 目の上の黒い線は過眼線といい、マガモのメスやカルガモなどにもあります。キレンジャクの過眼線はヒレンジャクより短く、冠羽の縁までは達しません。

重なる2羽のヒレンジャク 重なる2羽のヒレンジャク
 重なるように2羽のヒレンジャクがバラの枝に止まって、リンゴを見ています。

 多い時で同時に10羽以上来ていましたから、リンゴはいくつあっても足りなかったでしょう。食欲旺盛な鳥として知られています。

こちらを向くヒレンジャク こちらを向くヒレンジャク
 こちらを向くヒレンジャクです。
 決して可愛い顔ではありませんが、好意的に言うときりっとしているのですね。

 好物はナナカマドやイボタノキの実、ヤドリギの実が知られています。

ドバトもお客さんです ドバトもお客さんです
 ドバトも我が家の庭のお客さんです。
 見慣れぬ来客に戸惑っているかも知れません。

 近年街路樹にナナカマドが増えてきましたが、それが札幌市でのムクドリの大量越冬の原因になったと言われています。

むさぼるヒレンジャク むさぼるヒレンジャク
 むさぼるヒレンジャクです。
 後から見ると、キレンジャクにある羽の模様が無いのが判ります。

リンゴは無くなったー
リンゴは無くなったー
 ヒレンジャクは、リンゴは無くなったー、と思っているのでしょうか。
 最後は、またヒレンジャクだけになりました。そして、お昼を少し過ぎてからは来なくなりました。

 翌日以降は全く来ません。北へ帰ってしまったようです。来年も来てくれると嬉しいです。

[旧版作成:2003年3月21日、新版作成:2008年2月24日]

戻る 動物ホームへ 次へ