ベンチに来たヤマガラです
ベンチに来たヤマガラです。(2007年4月30日)

給餌台撤去(手乗り野鳥の林 part3)

 苫小牧の手乗り野鳥の林は、冬でなくとも手乗りする鳥さんが少しはいるので楽しいです。
 2007年4月30日久しぶりに訪ねました。

給餌台の注意書き 給餌台の注意書き
 9時半頃着きましたが、人が殆どいなくて拍子抜けしました。全部の給餌台に「アライグマが来るから撤去する、ご理解ご協力を」と書いた紙が貼ってありました。
 実際、この後で撤去されました。

ハシブトガラです ハシブトガラです
 林内のどこでも立ち止まって手を差し出すと、カラ類が飛んで来ます。
 これはハシブトガラで、手は家内の手です。

木から様子を見るゴジュウカラ(家内撮影) 木から様子を見るゴジュウカラ(家内撮影)
 ゴジュウカラは木の幹にうまく止まって、忍者のように歩くことが出来ます。
 こちらの様子をうかがっています。

手につかまるゴジュウカラ 手につかまるゴジュウカラ
 手の上でゴジュウカラは粘って、餌を選んで2つも取って行きます。
 シジュウカラが少なくて、今日は手乗りはしませんでした。

枝からこちらを見るヤマガラ 枝からこちらを見るヤマガラ
 写真は近くで様子をうかがうヤマガラです。
 ヤマガラは人に馴れやすいことがよく知られています。

ベンチに降りて来たヤマガラ(家内撮影) ベンチに降りて来たヤマガラ(家内撮影)
 給餌台に餌が無いので、野鳥は人の様子をうかがっていて、ベンチに餌を置いてもすぐに取りに来ます。
 東屋で野鳥(どんな?)撮影をしていた人たちもかたわらに餌を置いていて、次々に鳥が来ていました。
 この日はカ○セミ1羽とシマ○ナガ2羽も見ましたが、撮れませんでした。

走って来たエゾリス

エゾリスに餌を見せる エゾリスに餌を見せる
 川のそばで、アオジを撮りに来たという方と話していたら、遠くから道路を1匹のエゾリスが走って来ました。進路に出ると、常連のMさんやSさんと間違えたのか、私たちに近付いて来ました。
 クルミを見せているのは家内です。

横顔 横顔
 少し警戒しながらも、家内の手からクルミの割ったのを受け取り、それを3個食べました。
 横顔です。

正面顔 正面顔
 クルミを食べると走り去って行きました。何か用事があるような感じでした。
 11時頃には家族連れなどがたくさん来ました。天気も好くて楽しい時を過ごせました。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、色々な意見があります。手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。
 この問題に関しての掲示板やメールでの討論、議論は遠慮します。

[作成:2007年7月22日]

戻る 動物ホームへ 次へ