ルルドのマリア

秋のトラピスト修道院

ルルドのマリア

トラピストの並木  上磯町当別のトラピスト修道院は、冬の光景を、北海道の旅で「トラピスト修道院・冬木立」と題して取り上げました。
 夏は行かなかったので、秋の光景を見ようと2001年10月8日に訪ねました。

 写真は杉並木で、茶色に見えるのはポプラです。

 トラピスト修道院について、写真入で簡潔に紹介しているのが、
上磯町ホームページ >まちの風景 >トラピスト修道院 です。
 作者がクリスチャンで詳しく歴史などに触れているのが、
天のおもちゃ箱 in 当別トラピスト修道院 です。函館の教会の紹介もあります(これを機会に相互リンク)。

 詩人・三木露風は、1920年(大正9)から4年間、日本文学の講師として修道院に滞在し、「赤とんぼ」「野ばら」などの歌詞はここでの体験をもとに生まれたと言われています。歌碑などがありました。

ルルドのマリア

ミヤマカケス  ルルドの洞窟は、修道院の裏の丸山の中腹にあり、マリア像が祭られています。

 裏手の駐車場(クッキーの好い臭いが立ち込めていました)から歩いて20〜30分位、坂と階段を登ります。
 牧草地では虫の声が聞こえ、林には鳥がいます。写真はミヤマカケスです。

ルルドの洞窟  ルルドの洞窟とは、フランスにあるキリスト教の巡礼地で、これはそれを模したものです。詳しくは、前述のHPで。
 丁度、壁の蔦が真っ赤に紅葉していました。
 マリア像の足許には、湧水がありましたが、衛生面から今は水は止められています。

ルルドからの函館山  実はここは展望台として有名なのです。

 写真は杉の木立越しに見た函館山です。展望台は、1989年(昭和64〜平成元年)までは、今より200メートル上にあったと言いますから、さぞかし眺めがよかったでしょう(そこへの道は今は獣道のようになっているよう)。

ルルドから見た修道院  展望台からは、修道院の全景が見えます。
 海は津軽海峡です。修道院は予約すると、男子のみ日曜に見学出来ます。女子も聖堂までは入れるそうです。


 このページは、別館の写真絵日記(後にミニ探訪に移動)の2001年10月8日(月):ルルドのマリアを書き直したものです。

[レイアウト改訂:2002年1月4日、写真のリンク先など再改定:2003年12月28日]

旅ホームへもどる