トラピスト修道院タイトル
トラピスト修道院(2001年2月25日)
駐車場より上から
 函館の南西の隣町が上磯町で、そこの渡島当別駅の裏側の丸山(標高482m)に、バターやクッキーで有名なトラピスト修道院があります。
 明治29年(1896年)にフランスの宣教師ジェラルド・プーリエ(帰化名・岡田普理衛)が創立した日本最古の男子修道院です。道南酪農発祥の地で、周囲の風景も、アルプスの少女ハイジ(古い!)が走って来るのでは、と思わせるほど、日本離れしています。

上磯から見た函館山
上磯方面から見た函館山(2001年2月25日)
まるで島のようです。手前にカモが写っています。
 2001年2月25日、コクガンを探しに上磯へ行きましたが、見つけれません。バードウォッチャーの知人も、今年は情報がないと言っています。当別まで来たので、トラピスト修道院へ行くことにしました。

龍杉創(りょうざんそう):ジャガイモ料理のレストラン

 外気温は車の温度計で-1〜-2℃程度でしたが、時折吹雪いて、風もあるので体が冷えてしまいました。丁度昼時だったので、家内が何回か来たという龍杉創(りょうざんそう)というレストランへ入りました。渡島当別駅の丁度裏側に当たります。ジャガイモの男爵資料館の敷地の中にあります。

看板
駐車場からレストランを望む。松の木が多い。
 駐車場から広い敷地を横切って行きます。エゾリスでもいそうな雰囲気でした。
 中はクラシカルな作りで、まきストーブ2個で暖房しています。他に古いストーブが展示されています。部屋全体が心地よい暖かさになっていて、何より有り難かった。列車待ちの人も食事していました。

まきストーブで暖をとる
店の右半分。中央がまきストーブ
 ジャガイモ料理が豊富でしたが、スパゲッティやステーキもあり、何にでもジャガイモが付いて来るようです。私がナポリタン、家内がポテトグラタン(各コーヒー付き800円)を食べましたが、今日はサービスと言ってケーキが出ました。料理も美味しかったし、まきストーブや室内の雰囲気がとても良いので紹介しました。暖かくなったらカフェテラスも良さそうです。 (龍杉創 Tel.0138-75-2894 毎週水曜日定休)

トラピスト修道院の並木

 並木は杉の木とポプラです。並木の左右は牧草地ですが、今はもちろん雪。親子連れがそり遊びをしていました。
 葉がついたときはもっと綺麗です。
 駐車場、売店、トイレなどがあります。後は写真だけ見て下さい。
並木
並木の中央から上を望む
並木、上から
駐車場の上から

[レイアウト改訂:2002年1月4日、レイアウトなど再改定:2003年12月28日]

旅ホームへもどる